夏恒例、橋口武史さんのクラシック・ギター コンサートが盛況のうちに終了致しました。
橋口20150725
F・ソルとJ・S・バッハを中心に構成された名曲ながらちょっぴりディープなプログラムでしたが、バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第一番の4楽章・Prestoは最高に盛り上がりました。
写真はゲストの松永知子さんと。
今回はソルの『2つのギターのための幻想曲』を共演。ソルには珍しくコテコテ・スペイン風で、これがまた盛り上がるんだな~
次回は誰でも知っているポピュラーな作品を中心にやろ~と橋口さんは話していましたが・・・ロドリーゴの『ある貴神』とか『アランフェス』もピアノ伴奏でリクエストしているので・・・そうそう、バッハのパルティ―タ第2番(シャコンヌ)もギター版があるそうで、これまたリクエスト中です。お楽しみに!